総合 総合 sougou

  • 印刷
国会議事堂(資料写真)=東京都千代田区永田町1
拡大
国会議事堂(資料写真)=東京都千代田区永田町1

 10日投開票の参院選兵庫選挙区(改選数3)について、神戸新聞社は3、4の両日、電話世論調査を実施し、取材も加味して終盤情勢を探った。候補者13人のうち、維新現職の片山大介氏(55)と自民現職の末松信介氏(66)がリードし、3議席目を公明現職の伊藤孝江氏(54)がうかがう。

 兵庫県内の約千人から回答を得た。全体の約4割、無党派層の約6割が依然態度を決めておらず、情勢を左右する可能性もある。

 片山氏は維新支持層の7割超を固め、与野党問わず他党の支持層にも一定の食い込みを見せる。60代以上の高齢層の支持も高い。

 自民支持層の6割をまとめた末松氏は、無党派層の1割超を取り込む。10~30代の支持で他候補を上回り、安定した戦いを進める。

 伊藤氏は公明支持層の9割を手堅くまとめた。国民からも7割超を集めるが、推薦を受けた自民への広がりは1割に満たない。

 立民新人の相崎佐和子氏(49)は支持政党別で立民の6割超、推薦を受けた社民の4割に浸透。国民や無党派層は1割に届いていない。

 共産新人の小村潤氏(46)は、党支持層の9割近くから後押しを受けるが、若年層で伸び悩む。

 NHK党や諸派、無所属の新人計8人は苦戦している。(田中陽一)

【特集ページ】参院選2022

選挙参院選兵庫22
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月16日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ