総合 総合 sougou

  • 印刷
専門店「スポペル」では個性的な形の粒や、パールとチェーンを組み合わせた商品などを提案する=神戸市中央区三宮町2
拡大
専門店「スポペル」では個性的な形の粒や、パールとチェーンを組み合わせた商品などを提案する=神戸市中央区三宮町2
パールネックレスを使った男性の着こなし(提供写真)
拡大
パールネックレスを使った男性の着こなし(提供写真)
佐藤健さん
拡大
佐藤健さん
佐藤健さん
拡大
佐藤健さん

 電車の中で、真っ青なシャツに小玉のパールネックレスを合わせた男性に目を奪われた。記者が早速、インターネットで検索すると、「パール男子」という言葉が複数ヒット。真珠の街として知られる神戸でも今、「メンズパール」などと銘打った商品が販売されているらしい。性別にとらわれないジェンダーレスな装いとして、注目度が高まっているようだ。(貝原加奈)

 「交流サイト(SNS)で男性有名人が身に着けているのを見て、いいなと思ったんです」

 兵庫県姫路市の会社員の男性(27)は購入のきっかけをそう話す。約1年前、神戸の真珠専門店で1粒直径6ミリの淡水パールネックレスを買った。1万3千円と決して安くはなかったが「上品で大人っぽい」と気に入った。

 黒や白など、シンプルな洋服に組み合わせることが多いといい「シルバーアクセサリーとは違った印象になる」と着こなしを楽しんでいる。

 冠婚葬祭で女性が身に着けたり、母と娘で一つのジュエリーを受け継いだりと、女性のイメージが強かった真珠。2020年、ファッションブランド「コムデギャルソン」と真珠メーカー「ミキモト」がコラボした男性向けのネックレスが登場し、話題を集めた。

 「男性がパール? 正直、最初は私もそう思いました」と話すのは、真珠専門店を長年経営する「コウベ・プレシアス・パール」(神戸市中央区)の松田泰英代表取締役(58)だ。

 また、韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」や日本のアイドルグループ「Hey!Say!JUMP」のメンバー、俳優の佐藤健(たける)さんらが身に着け「一気に注目が高まった」と松田さん。

 メーカーやバイヤーが集まる宝飾展示会でも、男性向けの商品について尋ねられるようになり、松田さんの店では昨夏、「メンズパール」として長さ50センチのネックレスを売り出した。

 20~30代男性の問い合わせが多く「既成概念にとらわれない若い世代に、需要の高まりを感じる」。今後はアジア圏も視野に、販売に力を入れるつもりだ。

     ◇

 真珠といえば球形や白色が一般的だが、実は形も色もさまざまだ。真珠専門店「スポペル」(神戸市中央区)では、羽根のような突起がある個性的な粒を使ったアクセサリーなどを提案。青や緑など、色も多彩に展開している。

 同店を経営する奥本康宏さん(45)が2年前、「自分も着けたいパールを」とデザインを一新した。店先には、革のショルダーバッグの肩ひも部分に真珠をあしらったりした新感覚のアイテムが並び「性別や年齢に関係なく、本物の真珠の良さを広めたい。自分だけのパールで気分を上げて」とアピールする。

 神戸は、真珠の養殖技術が国内で確立された昭和初期から、選別や加工を行う「真珠の街」として知られてきた。日本真珠輸出組合(神戸市中央区)によると、今も世界で流通する真珠の約6割が神戸で選別、加工されているという。

 「メンズパール」について、同組合の倉本達副理事長(55)は「もう少し大人な年齢層の男性もすてきに身に着けられるようになれば、人気が定着するのでは」と期待を寄せている。

神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月18日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 31℃
  • 24℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 24℃
  • 80%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ