第16回大会決勝で明石中を破って優勝した甲陽中の試合を伝える1930年8月の神戸新聞紙面
第16回大会決勝で明石中を破って優勝した甲陽中の試合を伝える1930年8月の神戸新聞紙面

 甲陽中(現甲陽)が2年ぶり3度目の優勝を飾った第16回大会(1930年)。怪腕と称された楠本保を擁する新進の明石中(現明石)の挑戦を3-0で退けた。エースの先発完投が多い時代には珍しく、全5試合を継投で勝ち上がった。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%