第20回大会決勝、延長20回に及んだ明石中-神戸一中戦のスコアボード(神戸一中・神戸高校野球部九十年史より)
第20回大会決勝、延長20回に及んだ明石中-神戸一中戦のスコアボード(神戸一中・神戸高校野球部九十年史より)

 慶応大に進んだ楠本が抜けた第20回大会(34年)も、明石中は兵庫大会を順当に勝ち進んだが、決勝で神戸一中(現神戸)に延長二十回の末に1-2で敗れた。前年の延長二十五回に続いて完投した中田は「延長に泣く投手」と呼ばれた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

 

天気(7月30日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 10%

  • 33℃
  • 23℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%