「世紀の剛球投手」と称された明石中の楠本保(楠本保彦さん提供)
「世紀の剛球投手」と称された明石中の楠本保(楠本保彦さん提供)

 第1回大会から神戸、阪神間のチームを中心に回っていた兵庫の中等学校野球。礎を築いた強豪に割って入ったのが、1927(昭和2)年初出場の新鋭、明石中(現明石)だ。30年から39年までの10年間で7度の決勝進出、うち優勝は2度。「明中時代」が到来した。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%