第24回大会で甲陽中を優勝に導いた別当薫(兵庫県高校野球五十年史より)
第24回大会で甲陽中を優勝に導いた別当薫(兵庫県高校野球五十年史より)

 第24回大会(1938年)で4度目の優勝を飾った甲陽中(現甲陽)。投打の大黒柱だった別当薫は、慶大を経てプロ野球大阪(現阪神)に入団し、藤村富美男らとともに「ダイナマイト打線」を形成した。引退後は毎日(現ロッテ)や大洋(現DeNA)などで監督を務め、野球殿堂入りを果たした球界の偉人だ。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%