第25回大会で10年ぶりに優勝した関学中ナイン(兵庫県高校野球五十年史より)
第25回大会で10年ぶりに優勝した関学中ナイン(兵庫県高校野球五十年史より)

 1939(昭和14)年の第25回大会は関学中(現関学)が10年ぶりに兵庫の覇権を奪回した。「関西学院野球部百年史」によれば、投手の富樫泰と遊撃手の富樫淳、二塁手の須古治と中堅手の須古真はともに兄弟。2組の兄弟選手を擁して夏の代表の座をつかんだ。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%