第37回大会で初優勝した市神戸商ナイン(兵庫県高校野球五十年史より)
第37回大会で初優勝した市神戸商ナイン(兵庫県高校野球五十年史より)

 戦後10年の1955(昭和30)年。第37回大会は、後にプロ野球で完全試合を達成する森滝義巳を擁した兵庫などの強豪を押しのけ、市神戸商が初優勝をさらった。決勝は、春の県大会で1-16と大敗した明石に4-2で雪辱。当時の4番打者、津田朝良(80)は「OBにめちゃくちゃ絞られたから、気合は入っていた」と回想する。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

 

天気(7月30日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 10%

  • 33℃
  • 23℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%