第59回大会決勝の市尼崎戦で1安打完封した東洋大姫路の松本正志投手
第59回大会決勝の市尼崎戦で1安打完封した東洋大姫路の松本正志投手

 1977(昭和52)年の第59回大会は、王者・東洋大姫路が盤石の勝ち上がりを見せた。5度目の出場となった夏の甲子園では決勝で安井浩二主将がサヨナラ3ラン。大会史上初の快挙で初優勝を飾り、52年の県芦屋以来、25年ぶりに兵庫に深紅の大旗を持ち帰った。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%