第63回大会を制し、優勝旗を差し上げ喜ぶ報徳の金村義明投手
第63回大会を制し、優勝旗を差し上げ喜ぶ報徳の金村義明投手

 1981(昭和56)年の第63回大会決勝は、報徳が5-1で東洋大姫路を下して春夏連続の甲子園出場を決め、さらに悲願の全国制覇を達成した。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

 

天気(7月30日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 10%

  • 33℃
  • 23℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%