丹波

  • 印刷
遠藤良太氏
拡大
遠藤良太氏

 31日に投開票が迫る衆院選。兵庫5区でも立候補者3人が1票でも上積みしようと、声をからしている。丹波地域ではこれまで、各候補が選挙戦中盤以降、相次いで個人演説会や街頭演説を開催。人口減少、農業の担い手不足など、この地域が抱える課題について熱弁を振るった。3人の主張を紹介する。(衆院選取材班)

■在宅ワーク環境整備を

 他の候補2人は、僕と父親くらい年齢が離れている。公開討論をしたが相当ずれていた。世界と日本の競争社会が全く分かっていない。この地域は少子高齢化がひどい。道路工事が進んでいるが、やるべきはインターネットの整備。在宅ワークができる設備を整えて初めて、若い人が来る。

 自民は選挙のたびに大きな組織票を得て勝っている。大阪では維新がそこにくさびを打った。兵庫でもどんどん首長を取りたい。そのために国で強い衆院議員を出さないといけない。

(26日、丹波篠山市の若林寺で)

 丹波の地域を変えないといけない。古い体質で、古い政治をずっとしている。自分たちの既得権益、団体・組織の顔色をうかがって政治をしている。変えないといけない。これが一番大きな争点だ。維新は企業献金を受け取っていない。

 新しい人材、若い人間がこの地域でやらないと、活性化するはずがない。

 兵庫県は7月の知事選で大きく歴史が変わった。43歳の知事が誕生した。丹波の地でも、大きな渦をつくらせてほしい。維新の風を吹かせてください。

(23日、丹波市の丹波ゆめタウンで)

【特集ページ】衆院選2021

丹波選挙衆院選兵庫特集5区但馬阪神三田
丹波の最新
もっと見る
 

天気(12月5日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ