医療

医療トップへ
ひょうごの医療
病気ごとに医療の最前線を取材。
治療法や関係病院など、役に立つ情報をイラストを交えて紹介します。

シリーズ36 目の病気Ⅱ

  • 印刷
歩行や意思疎通の支援について話す森一成理事長=神戸市中央区神若通5

歩行や意思疎通の支援について話す森一成理事長=神戸市中央区神若通5

神戸のNPO法人訪問指導の充実図る
「歩行」「意思疎通」の支援重要

 治療法が確立されていない網膜色素変性症の場合、見えにくい中でも不便さを緩和し、生活を維持していくことが課題となる。乗り越えるには、補助器具を使う「物」と、専門的な知識がある「人」による支援が重要だ。歩行訓練士で、NPO法人神戸アイライト協会(神戸市中央区)の森一成理事長(60)への取材を基に、視覚障害者に対する主な支援策をまとめた。

2014/11/1

 兵庫県内の医療の最前線に迫る連載の第36シリーズは、目の病気を取り上げる。

老眼/斉藤善博医師

天気(6月26日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ