医療

ひょうごの医療

 製薬大手のファイザー(東京)は2010年9月30日、優れた医学・医療記事に贈る「第29回ファイザー医学記事賞」の受賞記事を発表し、神戸新聞社文化生活部医療班による長期連載「ひょうごの医療」が大賞に選ばれた。本紙が同記事賞を受けるのは2年ぶり4度目で、大賞は初めて。同日、東京都内で贈呈式があった。

 賞は1981年にアップジョン医学記事賞として創設。今回は2009年4月~10年3月に全国の新聞に掲載された135点の記事から、「建設的な問題提起があり、啓発性が高い」として大賞2点、優秀賞4点が選ばれた。

 ひょうごの医療は兵庫県内の医療現場を訪ね、病気ごとの最前線の治療法や医療機関の実績、患者の生活など、さまざまな切り口でリポート。奇数月の土曜掲載で09年1月に始まり、現在も続いている。受賞は同年5月の「シリーズ3 がんと闘うⅡ」から、10年3月の「シリーズ8 女性に多い病気」までの6シリーズ、計25本の記事が対象になった。大賞には、信濃毎日新聞社の「笑顔のままで 認知症-長寿社会」も選ばれた。

天気(6月3日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 10%

  • 31℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 10%

  • 31℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ