医療

ひょうごの医療

 1995年1月17日、阪神・淡路大震災。あの日、崩れた倒壊家屋の下敷きになって重傷を負ったり、その後の避難生活で体調を崩したりした人たちが、十分な医療を受けられずに相次いで命を落とした。この20年で、そうした状況は改善されたのか。兵庫県内の医療の最前線に迫る連載の第37シリーズは、災害医療を計4回にわたって取り上げる。

災害医療【4】村上典子さん(インタビューP)

天気(5月31日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 23℃
  • 17℃
  • 60%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 20℃
  • 50%

お知らせ