北播

  • 印刷
迎春ムードを伝える羽子板。厄払いの思いも込めている=加東市河高
拡大
迎春ムードを伝える羽子板。厄払いの思いも込めている=加東市河高

 正月飾りの羽子板が兵庫県加東市河高、同市観光協会にお目見えした。みやびやかな雰囲気を漂わせ、訪問客の笑顔を誘っている。

 同市大畑でひな人形やこいのぼりなどを扱う会社「土肥人形」が提供した。羽子板は高さ約60センチ、幅約20センチ。板上には優美に日本舞踊を舞う女性の姿を表現している。着物の裏側に綿を入れて半立体的に仕上げる「押し絵」の技法が使われており、迫力も伝える。

 室町時代には羽根を突き、その年の平安を祈願したといわれ、正月に羽子板を飾ることは厄をはらう意味も込められている。土肥昭彦社長(54)は「新型コロナウイルスで始まり、終わったような1年だが、年明けもしばらく展示して、コロナの終息を願いたい」と話している。(中西大二)

北播
北播の最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 5℃
  • 1℃
  • 20%

  • 1℃
  • -1℃
  • 80%

  • 5℃
  • 2℃
  • 10%

  • 4℃
  • 1℃
  • 40%

お知らせ