北播

  • 印刷
カード状のお守り。中央部に納めたヘビの抜け殻が黄金色の輝きを放つ=播州清水寺
拡大
カード状のお守り。中央部に納めたヘビの抜け殻が黄金色の輝きを放つ=播州清水寺
カード状のお守り。中央部に納めたヘビの抜け殻が黄金色の輝きを放つ=播州清水寺
拡大
カード状のお守り。中央部に納めたヘビの抜け殻が黄金色の輝きを放つ=播州清水寺

 西国三十三所巡礼25番札所で日本遺産、播州清水寺(兵庫県加東市平木)は節分の2月2日から、ヘビの抜け殻を納めたお守りを授与する。ヘビの抜け殻は、金運や福を招くとして財布に入れる風習があることから、お守りという新たな形に変えて提案。同寺は「御利益はもちろん、寺もユニークなことをすると知ってもらえる機会に」とする。

 お守りはカード状で縦8センチ、横5センチ、薄さ約1ミリと財布に入れやすい大きさ。赤や黒、模様入りなど5種類ある。中央部に丸形、ひし形に納めた抜け殻が黄金色に輝く。

 全国的にも珍しいお守りだけに、授与まで2年以上を要するなど開発は苦労の連続だった。制作には多くの抜け殻が必要だったが、寺の協力者の支援で、国内外の何十種ものヘビから集めることができた。

 同寺の担当者は「抜け殻が破れないように、かつ、しわを取ってきれいに伸ばした状態で納めることが難しかった」と振り返る。京都市の業者と試行錯誤の末、特殊な液体でしわを伸ばし、金紙の上に張って完成させた。

 正月に同寺で見本を参拝者らに見せたところ「かっこいい」などと好意的な感想が寄せられたという。

 お守りは手作り。担当者は「風習を次代へつないでいくことは大切で、伝えやすいようにアレンジした。一度、手に取ってみてほしい」と話す。2千円。播州清水寺TEL0795・45・0025

(中西大二)

北播
北播の最新
もっと見る

天気(3月7日)

  • 14℃
  • 6℃
  • 20%

  • 9℃
  • 5℃
  • 20%

  • 14℃
  • 5℃
  • 30%

  • 13℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ