北播

  • 印刷
人気のビーズソファYogibo(ヨギボー)
拡大
人気のビーズソファYogibo(ヨギボー)

 兵庫県加東市の本年度のふるさと納税寄付額が、昨年12月末で7億2876万5千円と前年同期比で約8倍に上ったことが、同市のまとめで分かった。寄付額を押し上げたのが返礼品のビーズソファ「Yogibo(ヨギボー)」。体にフィットする快適さが人気で、新型コロナウイルス感染症による「巣ごもり消費」が追い風になったとみられる。(中西大二)

 ヨギボーは米国発のソファブランド。さまざまな形に変化し、どの方向から座っても体に合うといい、ここ数年、急速にファンを増やしている。

 生産工場が加東市内にあり、同市では昨春に返礼品として追加。抱き枕型や2人以上が使用できるものなど5種類を用意した。以降、昨年末までに8019件の申し込みがあり、寄付額は5億5122万2千円に達した。「自宅で過ごす時間が増え、くつろいだり、テレワークをしたりする際に使えたのがよかったのでは」と市の担当者。

 また、洗剤や柔軟剤、日本酒とその関連品、ゴルフ場プレー券の返礼品も人気で、いずれも寄付額が前年の2倍前後に。これらも同感染症の影響という。担当者は「時流に乗った形でよかったが、この伸びがいつまでも続くとは考えにくい。生活用品などをターゲットに新しい商品の発掘に努めていく」と話している。

     ◇

 加東市はふるさと納税返礼品の充実に向け、市の魅力をアピールできる商品やサービスを提供できる事業者を募集している。同市内に本社、支社、事業所または工場などがある法人、個人が対象。市まちづくり創造課TEL0795・43・0507

北播
北播の最新
もっと見る

天気(3月7日)

  • 14℃
  • 6℃
  • 20%

  • 9℃
  • 5℃
  • 20%

  • 14℃
  • 5℃
  • 30%

  • 13℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ