北播

  • 印刷
動画一覧へ
ポイント(1)指の間を洗う
拡大
ポイント(1)指の間を洗う
ポイント(2)指先を手のひらの上で洗う
拡大
ポイント(2)指先を手のひらの上で洗う
ポイント(3)手首を洗う
拡大
ポイント(3)手首を洗う
ポイント(4)水分を紙やタオルに吸収させる
拡大
ポイント(4)水分を紙やタオルに吸収させる
松本千明副室長
拡大
松本千明副室長

 兵庫県を含む6府県で新型コロナウイルス緊急事態宣言が2月末で解除されたものの、引き続き徹底した感染対策が必要だ。そこでマスクやうがいと共にシンプルかつ効果的な予防法が「手洗い」。既に、さまざまなメディアで紹介されて久しいが、もう一度、医療現場の最前線で働く北播磨総合医療センター(小野市市場町)の看護師に、“今更聞けない”効果的な手洗いの方法について聞いた。(杉山雅崇)

 話をうかがったのは、同センター感染対策室副室長の松本千明さん。院内感染の防止などを担う「感染管理認定看護師」の資格を持つ。

 ポイントは、「くまなく丁寧に洗う」ことだ。手のひらと手の甲を洗うのはもちろん、指の間もしっかり両手を合わせ、汚れを落とす。

 指先も同様だ。片手の指を、もう片方の手のひらの上で回すように動かす。親指と手首も、手でつかむようにして洗う。

 石けんの洗い流しにも時間を取る。最後に手を拭くときは「ごしごし」とタオルや紙を動かしてはいけない。

 「抑え拭き」と呼ばれる方法で、タオルを動かさずに水分を吸収させる意識を心掛ける。新型コロナの影響で、増えている手洗いの回数。この拭き方で肌の負担が軽減され、手のかぶれが防げるという。

 全て合わせて、かかった時間は40秒程度。松本さんは「手洗いは、コロナ対策の基本。家庭でも丁寧な洗い方をしてもらえれば」と呼び掛けている。

北播
北播の最新
もっと見る

天気(4月11日)

  • 19℃
  • 8℃
  • 0%

  • 18℃
  • 2℃
  • 0%

  • 20℃
  • 7℃
  • 0%

  • 20℃
  • 5℃
  • 0%

お知らせ