北播

  • 印刷
オリックスの吉田投手(左)とソフトバンクの甲斐野投手が登場している啓発ポスター=西脇市役所
拡大
オリックスの吉田投手(左)とソフトバンクの甲斐野投手が登場している啓発ポスター=西脇市役所

 兵庫県西脇市の健康診断受診を呼び掛けるポスターに同市出身のプロ野球選手、オリックスバファローズの吉田凌投手と、福岡ソフトバンクホークスの甲斐野央投手が登場した。新型コロナウイルスの感染拡大で、市内各地区で行われる「町ぐるみ健康診断」の受診率が落ち込む中、地元から巣立ったプロ野球選手がPRに一役を買う。

 プロ6年目の吉田投手は西脇東中学校から神奈川・東海大相模高校を経てオリックス入り。黒田庄中学校出身の甲斐野投手はプロ1年目の2019年、中継ぎ投手としてチームの日本一に貢献した。

 同市内ではコロナ禍のため、市民が公共施設や医療機関へ出向くのを敬遠。昨春には山間部での健診実施を見送るなどし、受診者が減少している。秋冬の受診日を増やし、送迎バスの運行などの対応を取ったが、受診者数は3060人と前年度の7割にとどまっているという。

 受診率回復に向け、オリックス、ソフトバンク球団に両選手の啓発ポスターを依頼。無償での協力を得られ、ユニホーム姿の2人の写真とともに「さぁ、あなたも健診を」とメッセージを盛り込んだ。「別チームの選手が一つのポスターになることは珍しい」と市の担当者。300枚をつくり、市内の公共機関やコンビニなどに掲示する。(伊田雄馬)

北播
北播の最新
もっと見る

天気(4月20日)

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 23℃
  • 7℃
  • 0%

  • 23℃
  • 11℃
  • 0%

  • 26℃
  • 9℃
  • 0%

お知らせ