北播

  • 印刷
小野市加東市医師会の西山敬吾会長(左)に空気清浄機を贈る小野加東ロータリークラブのメンバーら=小野商工会館
拡大
小野市加東市医師会の西山敬吾会長(左)に空気清浄機を贈る小野加東ロータリークラブのメンバーら=小野商工会館

 新型コロナウイルス感染症と向き合う医師らを支援しようと、兵庫県の小野加東ロータリークラブは空気清浄機4台を同県小野市加東市医師会へ寄贈した。4台は次亜塩素酸による除菌機能を備え、集団接種会場で使用する予定という。

 同クラブの社会奉仕委員会事業の一環。ワクチン接種に関わる同医師会に対する支援として、同医師会と相談した上で空気清浄機を贈ることに決めた。

 小野商工会館(兵庫県小野市王子町)で10日に行われた同クラブ例会では、同医師会の西山敬吾会長(65)が登壇し、ワクチン接種を巡る現状を紹介した。

 西山会長は「先日、集団接種のデモンストレーションをしたが、付き添いが必要な高齢者もおり、会場内の予診の場所で密になった」と説明。寄贈を受け「やはり空気清浄機は必要。非常にありがたい」と感謝した。(篠原拓真)

北播新型コロナワクチン
北播の最新
もっと見る

天気(4月11日)

  • 19℃
  • 8℃
  • 0%

  • 18℃
  • 2℃
  • 0%

  • 20℃
  • 7℃
  • 0%

  • 20℃
  • 5℃
  • 0%

お知らせ