北播

  • 印刷
ワクチン接種を終えて止血する高齢者=西脇市寺内
拡大
ワクチン接種を終えて止血する高齢者=西脇市寺内

 兵庫県西脇市は17日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種を始め、初日は75歳以上の高齢者120人が接種を受けた。同市のスタートで、北播磨地域5市1町の全自治体が集団接種を実施した。

 会場の天神池スポーツセンター(同市寺内)に集まった市民は、事前のシミュレーション通りに列をつくり、ワクチンの注射を受けた。アレルギー反応を示した人はおらず、混乱なく接種が進んだ。接種を終えた男性(81)は「痛みは心配したほどではなく、無事に打てた安心感が大きい」と話した。

 同市では75歳以上の対象者約7400人のうち、8割が予約を終えた。今週は1日120人のペースで接種を続け、来週以降に1日当たりの人数を少しずつ増やすという。

 運転免許がない人向けに、会場までの移動手段として乗り合いタクシー「むすブン」の利用を推奨。ただ、利用には事前登録や予約が必要で、タクシーを利用した場合にも料金の一部を補助する制度を設けている。

 また、キャンセルでワクチンが余った場合の対応を明確化。デイサービスなどの在宅介護や障害福祉サービスの事業所ごとに、接種を希望する職員の名簿を作り、曜日ごとに事業所を割り当ててキャンセル分を接種するという。(伊田雄馬)

北播新型コロナワクチン
北播の最新
もっと見る
 

天気(8月2日)

  • 34℃
  • 27℃
  • 10%

  • 37℃
  • 24℃
  • 10%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ