北播

  • 印刷
ユニークな花が特長の金宝樹=小野市
拡大
ユニークな花が特長の金宝樹=小野市

 瓶を洗うブラシのような花を咲かせる「金宝樹(きんぽうじゅ)」が、兵庫県小野市の民家で見頃を迎えた。ユニークな赤色の花々が咲き誇り、周辺住民が時折、足を止めて見入っている。

 自宅の庭園でさまざまな植物を育てている田中滋子さん(74)が16年前、孫娘の希空(のあ)さん(16)が誕生した記念に植えた。

 金宝樹は、オーストラリア原産。5月と10月の年2回開花する長さ約20センチの花がブラシのようにも見えることから「ブラシノキ」とも呼ばれる。滋子さんの予想を超え、ぐんぐんと成長した木は約4メートルにもなった。

 「この花が咲くと癒やされます」と、田中さん宅前にある工場の従業員や、住民たちが声を掛けてくれる。希空さんの姉で、東京五輪陸上女子5000メートル代表の田中希実選手(21)も、練習で周辺をランニングする際、金宝樹の花を見ているという。

 滋子さんは「花が皆を和ませていることがうれしい。木を見上げながら、孫2人の活躍を願います」と話していた。(杉山雅崇)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(8月2日)

  • 34℃
  • 27℃
  • 10%

  • 37℃
  • 24℃
  • 10%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ