北播

  • 印刷
鶉野の戦争遺産などをテーマに制作した「レガシー」と放送部2、3年生たち=北条高校
拡大
鶉野の戦争遺産などをテーマに制作した「レガシー」と放送部2、3年生たち=北条高校
「ウチらの本屋さん」の一場面=北条高校
拡大
「ウチらの本屋さん」の一場面=北条高校

 北条高校(兵庫県加西市段下町)の放送部がNHK杯全国高校放送コンテストと、全国高校総合文化祭に出場することが決まった。それぞれの出品作は、鶉野飛行場跡(同市鶉野町)や周辺の戦争遺跡とそこでガイドをする北条高校の生徒などをテーマにした「LEGACY(レガシー)」と、地元の書店を取り上げた「ウチらの本屋さん」。いずれも初めての全国舞台で「上位進出を果たし、加西のPRをしたい」と意気込む。(小日向務)

 NHK杯に出品した「レガシー」の制作は約2年前の夏に着手。同校では人間創造コースの探究などの授業で、鶉野飛行場跡について学び、来場者にガイドをする活動をしていた。戦争遺産や、それを紹介する生徒、戦争経験者の話、鶉野を飛び立った特攻隊員の遺書などに加え、平和などをテーマに開いた作文コンクールに入賞した同校生についても盛り込んでいる。

 昨年の県総合文化祭に出品、銀賞を受け、今年の全国総文への出場推薦につながった。

 「レガシー」は7分の作品だが、全国総文は制限時間が5分。内容的に短縮は難しいと、新たな映像などを加えて、作り直した作品をNHK杯に出品し、県大会で優勝、準優勝に次ぐ、優秀賞を受けて全国大会への出場が決まった。

 制作代表の後藤綾音さん(3年)は「戦争という重いテーマと高校生をどのように組み合わせるか-が一番大変だった」と振り返る。戦争の経験を聞いた高齢の女性が6月に亡くなったこともあり、「今でなくてはできないと、改めて分かった」と話す部員もいた。

 一方、「レガシー」の代わりに全国総文に出展した「ウチらの本屋さん」は加西市内の西村書店がテーマ。北条高校生らの証言や、店主のインタビューなどで構成した。制作代表を務めた織田夏帆部長(3年)は「多くの人に見てもらって、『加西にはすごい書店がある』と知ってもらいたい」と話した。

 NHK杯はオンラインで開催。10日に準々決勝、26、27日に準決勝、29日に決勝がある。一方、全国総文は8月4、5日に和歌山県で開かれる。

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(9月19日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ