北播

  • 印刷
「涼宮ハルヒシリーズ」でイラストを担当するいとうのいぢさんが手掛けた義経が出現=加東市河高
拡大
「涼宮ハルヒシリーズ」でイラストを担当するいとうのいぢさんが手掛けた義経が出現=加東市河高
人気漫画「ポプテピピック」を描く大川ぶくぶさんによる義経が登場=加東市下滝野
拡大
人気漫画「ポプテピピック」を描く大川ぶくぶさんによる義経が登場=加東市下滝野
大ヒットコミック「ケンガンアシュラ」などで作画を担当しただろめおんさんは力感ある弁慶を描いた=加東市平木
拡大
大ヒットコミック「ケンガンアシュラ」などで作画を担当しただろめおんさんは力感ある弁慶を描いた=加東市平木
人気ゲーム「刀剣乱舞」のキャラクターをデザインした作家による「義経」=加東市平木
拡大
人気ゲーム「刀剣乱舞」のキャラクターをデザインした作家による「義経」=加東市平木
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県加東市と同市観光協会はAR(拡張現実)を使った「義経伝説スタンプラリー」を市内で展開している。源平合戦のゆかりの地の加東市は、源義経、弁慶にまつわる伝説が多く、2人を題材にしたAR画像を市内の主要地点に配置した。画像は人気漫画家やイラストレーターらがそれぞれの特徴を生かして描き、会員制交流サイト(SNS)でも話題に上っている。新型コロナウイルス下でも密を回避できるため、長期間の開催を計画。新しい時代の観光振興として注目を集めている。(中西大二)

 スタンプラリーは市の交流人口拡大を目的に企画された。加東アート館、播州清水寺、佐保神社など15カ所にARスポットを設置。市の観光用アプリ「かとう観光ナビ」(無料)をスマホにインストール後、指定の場所でスマホをかざせば、現実世界にはない「義経」「弁慶」が映し出される。

 各ポイントで画像が表示された後、アプリ内にスタンプが集まる仕組みで、一定数がたまればプレゼントが贈られる。

 15カ所の画像は13人の人気漫画家やイラストレーターらが手掛けたオリジナル作品。漫画「ポプテピピック」で有名な大川ぶくぶさん、ライトノベル「涼宮ハルヒシリーズ」でイラストを担当するいとうのいぢさんのほか、人気ゲーム「刀剣乱舞」のキャラクターをデザインした作家らも名を連ねる。

 加東市観光協会公式ツイッターでイベントを告知し、約10日間でインプレッション数(閲覧回数)が100万を超えた。約21万のフォロワー数を誇るいとうのいぢさんら、参加した漫画家、イラストレーターらが自身のツイッターでもPRしたことで反響が拡大した。

 同市観光協会は「全国へ加東市の知名度がアップする効果に加え、市民もあらためて義経伝説を知る好機になった」と手応えを示し、「加東の新たな魅力を通して伝説のロマンに触れ、来訪者らがこのまちを好きになってもらう機会にしたい」と話している。同市観光協会TEL0795・48・0995

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(9月28日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ