北播

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県は23日、加東市北野の加茂病院で、職員と入院患者ら計44人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。県は新たなクラスター(感染者集団)の発生を認定した。

 県によると19日、同病院で職員と入院患者の感染が初めて確認された。関係者に検査を行い、23日までに40~60代の職員4人と、50~90代の入院患者40人の感染が判明したという。県はこれまでに関係者計72人の検査を実施。現在も調査を継続している。同病院は23日から外来診療や新規入院患者の受け入れを休止している。

 また、県は同日、加東健康福祉事務所管内(西脇市、三木市、小野市、加西市、加東市、多可町)で20~60代の男女7人が新たに感染したことも発表。全員が同日までに発表された感染者の濃厚接触者か接触者で、軽症か無症状という。

 一方、小野市は23日、市総合体育館を管理する市都市施設管理協会の20代女性職員が感染したことを明らかにした。職員はトレーニング室の巡回指導などを行っていたという。利用者の濃厚接触者はいなかったが、別の職員1人が濃厚接触者と認定され、自宅待機している。

 西脇市も23日、同市教育委員会勤務の30代男性職員1人が感染したと発表した。窓口業務には従事していなかったといい、市は「庁内や来庁者に濃厚接触者はいない」としている。

北播新型コロナ
北播の最新
もっと見る
 

天気(10月29日)

  • 20℃
  • 13℃
  • 10%

  • 18℃
  • 12℃
  • 20%

  • 21℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 11℃
  • 10%

お知らせ