北播

  • 印刷
改修予定の安政池=加東市松沢(東条川二期農業水利事業所提供)
拡大
改修予定の安政池=加東市松沢(東条川二期農業水利事業所提供)
事業所の看板を手にする関係者ら=加東市社
拡大
事業所の看板を手にする関係者ら=加東市社
全面改築される曽根サイフォン=加東市松沢(東条川二期農業水利事業所提供)
拡大
全面改築される曽根サイフォン=加東市松沢(東条川二期農業水利事業所提供)

 老朽化した東条川流域と周辺のダム、ため池、用水路などの改修を行う「国営東条川二期土地改良事業」の拠点事業所の開所式が3日、兵庫県加東市社で開かれた。国の整備計画で2021年度からスタート。今後12年間で140億円をかけて各施設の耐震化、長寿命化対策を実施する。(中西大二)

 雨が少ない地域の水不足を解消するため、1947年から64年にかけて国営事業として整備された。東条湖の鴨川ダムは51年に完成、今年は70年の節目になる。

 加東市、同県小野市、同県三木市の農地約3千ヘクタールに農業用水を送り、酒米山田錦の産地を支えるとともに、水道水としても利用されている。鴨川ダムを主な水源とした108キロに及ぶ水路網は「東条川疏水」として親しまれ、地域の歴史を伝える貴重な財産となっている。

 整備から長い年月を経て、各所で施設の劣化やコンクリートにひび割れなどが発生。農業用水の安定供給に加え、効率的な水使用、大地震に備えた耐震化の必要性などから今後、一体的に改修整備を行う。

 計画では鴨川ダム、安政池、船木池の3カ所で盛り土を行うなどの耐震化、昭和池など五つのため池の地震対策工事を行う。用水路も計14・6キロを改修。「曽根サイフォン」も新しい鋼管などに取り換える。

 3日開所した事業所へは加東市から職員1人が派遣。東条川二期地区促進協議会長を務める安田正義・加東市長は開所式で「国と地域が一体となって地域農業、市民の安全を守るため、完成することを期待したい」と述べた。

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(10月18日)

  • 21℃
  • 14℃
  • 10%

  • 18℃
  • 13℃
  • 30%

  • 21℃
  • 13℃
  • 10%

  • 21℃
  • 12℃
  • 30%

お知らせ