北播

  • 印刷
視聴者へ乾杯を呼び掛けた後、日本酒談義で盛り上がる(左から)吉田類さん、茂山逸平さん、桂吉坊さん=やしろ国際学習塾
拡大
視聴者へ乾杯を呼び掛けた後、日本酒談義で盛り上がる(左から)吉田類さん、茂山逸平さん、桂吉坊さん=やしろ国際学習塾
無観客開催でネット中継された応援イベント=やしろ国際学習塾
拡大
無観客開催でネット中継された応援イベント=やしろ国際学習塾
加東市産山田錦で醸したさまざまな日本酒を堪能する(左から)吉田類さん、茂山逸平さん、桂吉坊さん=加東市上三草、やしろ国際学習塾
拡大
加東市産山田錦で醸したさまざまな日本酒を堪能する(左から)吉田類さん、茂山逸平さん、桂吉坊さん=加東市上三草、やしろ国際学習塾
今年も引き続き「加東市産山田錦PR大使」として、加東の山田錦を全国に広める活動をする吉田類さん。PR大使の委嘱状は神結酒造「たましずく」。委嘱状の文字は社高校書道部長の久保田佳歩さんが書いた=加東市上三草、やしろ国際学習塾
拡大
今年も引き続き「加東市産山田錦PR大使」として、加東の山田錦を全国に広める活動をする吉田類さん。PR大使の委嘱状は神結酒造「たましずく」。委嘱状の文字は社高校書道部長の久保田佳歩さんが書いた=加東市上三草、やしろ国際学習塾
イベント開催を祝い鏡開きをする出演者や乾杯まつり関係者ら=加東市上三草、やしろ国際学習塾
拡大
イベント開催を祝い鏡開きをする出演者や乾杯まつり関係者ら=加東市上三草、やしろ国際学習塾

 ウェブ配信中の兵庫県「加東市山田錦乾杯まつり」を応援するイベントが22日夜、やしろ国際学習塾(上三草)で開催された。同市産山田錦PR大使を務める“酒場詩人”吉田類さんが登場。ゲスト出演した狂言師の茂山逸平さん、落語家の桂吉坊さんと共に、加東ゆかりの日本酒を味わう様子が加東文化振興財団のユーチューブチャンネルでライブ中継され、まつりを盛り上げた。(中西大二)

 まつりは市などでつくる実行委員会が主催。加東の秋を代表する催しで毎年大勢の人が訪れ、飲み比べを楽しむ。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年に続き有観客の開催を取りやめ、ネット上で日本酒などを販売している。

 応援イベントは「吉田類と加東で乾杯~今夜は日本酒で『いざ酔い』談義」のタイトルで午後7時から生配信された。カメラの前に吉田類さん、茂山逸平さん、桂吉坊さんが登場。安田正義市長やまつり関係者らと共に鏡開きをした。その後、コロナ収束を願い、「加東」と「勝とう」の言葉を掛け合わせた銘柄「勝とう酒」で画面に向かって乾杯した。

 出演者らは早速、久米地域の山田錦で醸した「玉乃光」を堪能。コロナ禍で日本酒需要が低迷する中、地元の山田錦生産者と蔵元へのインタビュー映像も視聴した。視聴後「日本酒に関わる人たちが大変な今だからこそ、みんな笑顔で飲みましょう。日本酒は発酵食品だけに体にいい」などと話した。続いて、さらなる日本酒振興を図るため、安田市長が吉田類さんにPR大使を再委嘱した。

 番組後半では出演者らが乾杯まつりで販売中の「龍力 純米大吟醸 上東條」や「奥播磨 純米大吟醸 伝授」「玉川 自然仕込 純米大吟醸 玉龍」などをくじを引く形で飲み比べ。茂山逸平さん、桂吉坊さんも日本酒談義を繰り広げた。吉田類さんは「お酒とともに楽しさがある。もう一度、みんなが間近で乾杯できる日を待ちましょう」と呼び掛けた後、出演者全員で「加東で乾杯」と声を上げて締めくくった。

 番組はラジオ関西で26日午後3時から放送される。乾杯まつり特設サイト(https://kato-kanpai.com/)は12月22日まで開設している。

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ