北播

  • 印刷
グランプリに選ばれた「ふわふわとろとろもち麦ご飯」=加東市社
拡大
グランプリに選ばれた「ふわふわとろとろもち麦ご飯」=加東市社
グランプリに輝いたメニューを調理した藤井萌杏那さん(中央)と準グランプリを受賞した井上和奏さん(左)、3位の小牧令奈さん=加東市社
拡大
グランプリに輝いたメニューを調理した藤井萌杏那さん(中央)と準グランプリを受賞した井上和奏さん(左)、3位の小牧令奈さん=加東市社
3位となった小牧令奈さんの「もち麦の和風ゼリー」(加東市提供)
拡大
3位となった小牧令奈さんの「もち麦の和風ゼリー」(加東市提供)
準グランプリに選ばれた井上和奏さんの「和風もち麦オムライス」(加東市提供)
拡大
準グランプリに選ばれた井上和奏さんの「和風もち麦オムライス」(加東市提供)

 兵庫県加東市のもち麦生産者やJAみのりなどでつくる同市もち麦活用協議会は2日、同市産のもち麦を使った料理コンテストを市役所で開催した。市内外から応募があった計215点の中から5点のメニューを選出。最終審査に臨んだ4人がオリジナルメニューを調理しグランプリを競った。

 もち麦は、コレステロール値を低減させる食物繊維を含むとされ、健康食材として注目されている。同市はマルヤナギ小倉屋、JAみのりと連携し、特産化を推進。同協議会では市産もち麦をPRするため料理コンテストを企画した。

 1次審査は9月に実施。書類審査で上位5点を選んだ。この日の最終審査では1人が欠席、4人が独自メニューを調理した。日本旅館協会日本料理顧問の大田忠道さんが審査委員長となり、JAみのりの関係者らも実食。見栄えや独創性などを基準に上位3位を決めた。

 結果は、小野高1年の藤井萌杏那さん(16)の「ふわふわとろとろもち麦ご飯」がグランプリに輝いた。長芋の中にもち麦を混ぜた料理で、「のどごしが良く、おふくろの味」と大田委員長は評価。準グランプリと3位はともに同高の井上和奏さんの「和風もち麦オムライス」、小牧令奈さんの「もち麦の和風ゼリー」が選ばれた。

 3位までのレシピは今後、市の広報紙に掲載するなどし、同産もち麦PRに活用していく。(中西大二)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(12月10日)

  • 16℃
  • 9℃
  • 10%

  • 16℃
  • 5℃
  • 0%

  • 16℃
  • 8℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ