北播

  • 印刷
茅の輪をくぐる子どもら=西脇市小坂町
拡大
茅の輪をくぐる子どもら=西脇市小坂町

 兵庫県西脇市小坂町の寺院「播州成田山」で七五三参りがピークを迎えている。境内には、厄をはらう茅の輪や開運出世を願う「当(あた)り矢」を設置。子どもの健やかな成長を願い、市内外から1日30~40組前後の親子が訪れるという。

 同寺では、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、昨年から七五三参りを予約制で実施。受付開始時期を例年より2カ月ほど早い9月から始めるなど、参拝客の分散を図ってきた。

 6日も多くの家族連れが訪れ、加東市の会社員の男性(35)は、紫と青色の羽織をまとった長男(5)と次男(3)を連れて参拝した。2人は直径約2メートルの茅の輪を笑顔でくぐり、家族で記念撮影。その後は祈とうを受け、破魔矢と千歳(ちとせ)あめを手にした2人の姿に、男性は「たくましく元気に育ってほしい」とほほ笑んだ。

 同寺の七五三参りは最も予約が多い日で、1日で50組近い親子が訪れるという。笹倉照暉(しょうき)主管(43)は「少子化の時代にも多くの人に訪れてもらい、ありがたい」と話した。(伊田雄馬)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ