北播

  • 印刷
バーナーに照らされた気球と花火が幻想的な光景を繰り広げた=鶉野飛行場跡 
拡大
バーナーに照らされた気球と花火が幻想的な光景を繰り広げた=鶉野飛行場跡 
気球の係留飛行=鶉野飛行場跡
拡大
気球の係留飛行=鶉野飛行場跡
膨らませた気球内部に入って楽しむ子ども連れら=鶉野飛行場跡
拡大
膨らませた気球内部に入って楽しむ子ども連れら=鶉野飛行場跡

 気球を楽しみながら聖夜を祝う「ハッピーバルーンクリスマス」が18日、兵庫県加西市鶉野町の鶉野飛行場跡で始まった。搭乗したサンタクロースがお菓子を配布する「サンタフライト」が中止となるなど強風の影響もあったが、観光客は気球の内部に入ったり、ご当地グルメを味わったりしたほか、夜にはバーナーで照らされた気球と花火の共演を楽しんだ。(小日向務)

 朝方、強風に加え、地面にうっすらと雪が積もる状況で、サンタフライトのほか、係留飛行も予約した半数の約200人が搭乗した段階で中止となった。

 ただ、気球の体験ブースでは子ども連れらが気球を膨らませる様子を見学したり、膨らんだ気球の内部に入ったりしたほか、来場者は飲食品の販売やストリートピアノの演奏などを楽しんだ。

 気球の搭乗や体験ブースを楽しんだ神戸市の小学5年生の男児(11)は「気球の中に入ったら、奥まで風が来ていて驚いた。搭乗では、たまに揺れて怖かったが、空から動画を撮影してめちゃ楽しかった」と笑顔だった。

 午後5時からは、セントバルーンナイトを開催。音楽演奏に合わせてバーナーが吹かされ、炎が気球を照らした。さらに花火も打ち上げられ、幻想的な光景に観客らが見入っていた。同行事は19日も開催され、サンタフライトや搭乗体験(予約の受け付けは終了)、気球体験などが予定されている。

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 50%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 4℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ