北播

  • 印刷
杉原紙研究所の手すき和紙で作られたカラフルなお守り=多可町加美区鳥羽
拡大
杉原紙研究所の手すき和紙で作られたカラフルなお守り=多可町加美区鳥羽

 交通安全祈願などで知られる寺院、播州成田山(兵庫県西脇市小坂町)が、同県多可町の伝統工芸、杉原紙を使ったお守りを制作した。試験合格や開運招福などの御利益が得られるという。2022年の元日から授与を始める。

 同寺は北播磨の地場産品に着目し、今年の正月には播州織を使ったお守りも作った。杉原紙は同町の杉原紙研究所(加美区鳥羽)で作られ、紙にのりを塗って手もみし、水などにも耐えられる加工を施している。袋の中には不動明王のお守りが入っているという。

 仏教で如来の精神や知恵を表す「五色(ごしき)」に白を加えた6色を用意。表面には大きく「和」と書かれ、同寺の笹倉照暉主管(43)は「『和紙』なので和やかで家庭円満に、破れにくいので試験合格や勝ち守りにしてほしい」。藤田尚志所長(50)も「カラフルでかわいらしく仕上がった」とPRしている。(伊田雄馬)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 2℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ