北播

  • 印刷
集団で羽を休めるコウノトリ=28日午後、小野市高田町と同市鹿野町の境界付近
拡大
集団で羽を休めるコウノトリ=28日午後、小野市高田町と同市鹿野町の境界付近

 兵庫県小野市北部の田んぼに、国の特別天然記念物コウノトリが30羽以上飛来している。地元の住民らは「これだけ多くのコウノトリが集まっているのは見たことがない」と驚き、遠くから見守っている。

 数日前から、同市高田町の田んぼに居着くようになったという。500メートルほど離れた池でも餌を食べる姿が見られ、集団で羽を休めている。

 28日も田んぼで15羽のコウノトリを確認。のんびりした様子で地面をつついたり、仲間同士で毛繕いをしたりしていた。

 コミセンおおべ(同市敷地町)の女性(48)は「コウノトリ自体は何度か見たことがあるが、これほどの群れは初めて。年の瀬にいいものを見ることができました」と喜んでいた。(杉山雅崇)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(1月20日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 30%

  • 4℃
  • ---℃
  • 80%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 6℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ