北播

  • 印刷
昭和期に生産されたかき氷器などの昔懐かしい生活用品が並ぶ=小野市西本町
拡大
昭和期に生産されたかき氷器などの昔懐かしい生活用品が並ぶ=小野市西本町

 昭和期の家電製品や日用品などを集めた企画展「ザ・昭和のくらし①-懐かしい台所風景-」が、兵庫県小野市西本町の市立好古館で開かれている。昭和30年代のかき氷器やかつお節削り器のほか電気炊飯器やトースターなどの昔懐かしい家電製品まで、同館所蔵の140点が並ぶ。4月3日まで。

 市民らから寄せられた戦前-昭和後期の家庭用品をジャンル別に披露しようと、同館が企画した。

 「食生活の移り変わり」のコーナーでは、かつお節削り器や鉄鍋、蒸し器から、高度成長期に流行したかき氷器やジューサーなどを展示。ライフスタイルの変化を分かりやすく紹介している。続くレトロ家電のブースには、電気炊飯器やポットなど、世界を席巻した日本の家電製品がずらり。焼けたパンが飛び出る東芝製トースターも目を引く。

 また、昭和期に発行された精肉店やスーパーのチラシは、地元商店街の活気を物語る。戦後すぐに発売された西洋料理のレシピ本や、1980(昭和55)年の学校給食指導の手引きなど貴重な冊子も並ぶ。

 午前9時半~午後5時(入館は午後4時半まで)。一般200円、小中学生100円。同館TEL0794・63・3390

(杉山雅崇)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(1月20日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 30%

  • 4℃
  • ---℃
  • 80%

  • 8℃
  • ---℃
  • 20%

  • 6℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ