北播

  • 印刷
北条鉄道に導入された「キハ40形」=加西市内
拡大
北条鉄道に導入された「キハ40形」=加西市内

 兵庫県加西市観光協会は2月27日、北条鉄道北条町駅(同市北条町北条)などでディーゼル列車「キハ40形」の導入記念イベントを開く。乗車体験のほか、この列車が昨年3月まで走っていたJR東日本五能線(秋田県能代市-青森県田舎館村)沿線の観光PRもある。

 キハ40形は国鉄時代に製造された。JR西日本では現在も走っているが、JR東日本ではほとんど運行しておらず、導入した北条鉄道では五能線のカラーリングのまま運行する。

 運行は午前9時15分発▽同11時9分発▽午後1時9分発▽同3時9分発-の4便。午前の2便では津軽三味線の演奏があり、午後の2便ではなまはげが車内に登場する。募集定員は1便が30人、2便以降は各50人。

 そのほかアニメ「銀河鉄道999」の曲などで知られるタケカワユキヒデさんのビデオレターの紹介、能代市や秋田県男鹿市、青森県五所川原市の観光PR、抽選会などがある。

 乗車は無料で、市外からも参加できる。応募多数の場合は抽選。午後の2便は子どものいる世帯を優先する。1世帯4人まで。申し込みは加西市観光協会ホームページから。1月24日締め切り。TEL0790・42・8715

(小日向務)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 1℃
  • 50%

  • 10℃
  • 4℃
  • 40%

  • 8℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ