北播

  • 印刷
銀世界に姿を変えた棚田=多可町加美区岩座神
拡大
銀世界に姿を変えた棚田=多可町加美区岩座神
雪の中から顔を出すハクサイ=多可町加美区箸荷
拡大
雪の中から顔を出すハクサイ=多可町加美区箸荷

 兵庫県内各地で平年を上回る積雪量が観測される中、多可町加美区では雪景色が広がっている。同区岩座神(いさりがみ)の棚田では情緒的な銀世界となり、同区箸荷(はせがい)の集落でも昔ながらの日本家屋が雪化粧している。

 「日本の棚田百選」に選ばれている岩座神の棚田では、石積みののり面と真っ白な新雪がモノクロの世界を演出。神河町との境界に立つ千ケ峰の木々も薄く雪をまとい、冬の農村風景を彩っている。

 古民家が点在する箸荷地区では家の前の通路でスコップを握り、雪かきをする人の姿が目立った。屋根に積もった雪は時折、音を立てて滑り落ち、畑ではハクサイが雪の下に埋まっていた。集落の男性(56)は「子どものころはよく膝まで積もったが、ここ最近では記憶がない」と寒そうに手をこすり合わせた。(伊田雄馬)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(5月20日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 10%

  • 29℃
  • 13℃
  • 10%

  • 26℃
  • 17℃
  • 10%

  • 27℃
  • 16℃
  • 10%

お知らせ