北播

  • 印刷
新たに導入した再利用できるハンガー=西脇市和田町
拡大
新たに導入した再利用できるハンガー=西脇市和田町
東田ドライ本店に衣類の回収ボックスを設置した東田伸哉社長=西脇市下戸田
拡大
東田ドライ本店に衣類の回収ボックスを設置した東田伸哉社長=西脇市下戸田

 クリーニングの宅配サービスを全国展開する「東田(とうだ)ドライ」(兵庫県西脇市下戸田)が、省資源化の取り組みを加速させている。洗濯後の衣服と一緒に顧客に渡していたプラスチック製ハンガーは、工場内で循環できるよう改良を加えて、年間約60万本を削減。着なくなった古着は店頭などで回収し、洗って低価格で販売する。同社の東田伸哉社長(32)は「持続可能な開発目標(SDGs)に貢献したい」と意義を語る。(伊田雄馬)

 同社は1963年に創業。東田社長が考案し、2014年に始めた宅配サービス「リナビス」で急成長し、宅配クリーニング業界2位の売上高を誇る。

 ハンガーの削減は、利用者へのアンケートで「プラスチックがもったいない」という声が多く寄せられたことから検討。クリーニングの作業工程でハンガーは不可欠だが、利用者に納品する際に衣類から取り外し、工場内でリサイクルできるよう考えた。

 メーカーと相談の結果、上部のレバーをつまむことで、衣類から簡単に取り外せる仕組みに。耐久性を高めるため「コストはプラの10倍」(東田社長)というポリカーボネートを採用し、3月から工場や店舗で導入。同社が1年で使うプラスチックハンガー約110万本のうち、年間約60万本を削減できる見込みで、10年間で約350トン以上のごみを減らせるという。

 2月から始めた「衣類回収サービス」は西脇市と丹波市で展開。同社の店舗や学習塾、金融機関の約20カ所に回収ボックスを設置し、家庭の不要な衣類を入れてもらう。集まった服は着用できない物を除き、同社の工場で洗って販売。クリーニング代の原価(約500円)に近い1着600円に統一して売るという。

 サービス開始からの約2カ月で、「会議室がいっぱいになるほど」の古着を回収したという。学校の制服なども受け付け、東田社長は「経済状況が厳しい家庭の助けとなれば」と話す。販売は6月ごろを予定し、場所や方法は検討中という。

 利益は西脇市社会福祉協議会に寄付する予定で、東田社長は「不要な洋服を役立て環境にも優しい」とアピールする。

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(7月1日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ