北播

  • 印刷
退任セレモニーで花束を受け取った安田正義市長=加東市社
拡大
退任セレモニーで花束を受け取った安田正義市長=加東市社
3期12年の任期中を振り返る安田正義市長=加東市役所
拡大
3期12年の任期中を振り返る安田正義市長=加東市役所

 3期12年務めた兵庫県加東市の安田正義市長が29日で任期満了を迎え、退任する。最後の登庁日だった28日、市役所前でセレモニーがあり、市職員らが拍手や胴上げで見送った。

 旧社町時代から行政経験を積んだ安田氏は2010年、加東市の2代目市長に就任。市役所新庁舎建設や公共施設の再編、行財政改革、加古川河川改修など幅広い施策を推進し、現在も整備が進む小中一貫校の基本方針も固めた。

 安田市長は約300人の職員らに「職員時代から計48年9カ月。皆さんのおかげで務められた。これからは市の応援団となって見守りたい」とあいさつ。花束を受け取り、車に乗り込む前に「ありがとうございました」と声を張り上げ、深く一礼した。(岩崎昂志)

■「合併成果出す思い強かった」3期12年を振り返る

 加東市の安田正義市長は、退任を前に会見やインタビューに応じ、3期12年を振り返った。

 -思い入れがある施策は。

 「2010年の就任時から、旧3町合併の成果を出さねばという思いが強かった。中でも苦しかったのは、機能が重複した公共施設の整備。住民の思いは強く(統廃合で施設を)なくしていくのは大きなエネルギーがいる。ただ、将来にわたって維持できるかを考え、手遅れにならないようにしないといけなかった。他の施策も含め、やるべきことをやり遂げる姿勢を貫いたつもり。私は地味な市長だったと思うが、誠実さを大事にしてきた」

 -合併効果は出たか。

 「施設整備はまだ途上だ。小中一貫教育は整備の道筋をつけ、一定進みつつあると思う。市民感覚とのずれはあるのかもしれないが、例えば4地区を走る自主運行バスは、市民との協働の成果の一つと思う」

 -退任後の予定は。

 「全く白紙です。まずは体調を整えることですね。まだ67歳。今後は一市民として地域に何かお返ししたい」

 -新市長に就任する岩根正氏や市民に託す思いは。

 「岩根さんは国や県での勤務経験、人脈を含めて確かな手腕があり、スムーズなたすきリレーができる。小中一貫教育や市街地活性化、加古川改修など、継続課題を完成させてもらいたい。その上で岩根さんのカラーを出してもらえたら。何より、市民の協力がなければなし得ないことは多い。新市政とも力を合わせてもらえたらありがたい」

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(6月28日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 10%

  • 37℃
  • 24℃
  • 10%

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 35℃
  • 25℃
  • 10%

お知らせ