北播

  • 印刷
少年野球の練習でジャッジする高瀬真優さん=西脇市坂本
拡大
少年野球の練習でジャッジする高瀬真優さん=西脇市坂本

 プロ野球の試合を裁く審判員に憧れ、一歩を踏み出した男子高校生が兵庫県西脇市にいる。この春、三木高校に進学した高瀬真優(しゅう)さん(15)=西脇市=は野球部だった中学時代に審判員を志し、今春、地元の少年野球で審判デビューを果たした。狭き門のプロを目指し、実戦経験を積みながらルールブックと向き合う。(伊田雄馬)

 高瀬さんは小学3年生の頃、巨大な野球盤を使ったバラエティー番組で野球に興味を持った。6年の時に友人に誘われて地元チームに入団。西脇中学校では野球部で主将を務め、生徒会長にも選ばれたという。

 自分でプレーし始めると、以前は何げなく見ていたプロ野球のすごみをより強く感じるようになった。同時に輝いて見えたのが、試合を支える審判員だ。「裏方のようでありながら、個性的でもある」。冷静にジャッジする姿に心を動かされ、練習試合では自ら球審を買って出た。

 プロを志すきっかけとなったのは、元セ・リーグ審判部副部長の福井宏さんとの出会いだった。高瀬さんは中学野球の引退後、西脇市で開かれた野球大会で福井さんと出会い、勇気を振り絞って「審判員に興味がある」と伝えた。

 高校、大学生で審判員を目指す人はまれにいるが「中学生は初めて」と福井さんに驚かれた。自身の息子も審判員としてプロを目指しており、「大学に進学しなさい」とのアドバイスを受け、その上でルールの知識だけでなく、実戦経験を積む重要性も諭された。

 真剣に向き合ってくれた福井さんの熱意に感動し、高瀬さんは「地域に貢献しながら腕を磨こう」と地元の少年野球で審判員として活動することを決意。「勉強時間を確保したい」と高校の部活動には入らず、平日は帰宅して自習し、週末の試合に参加している。

 野球人口が減る中、若き審判志望者の登場は周囲にも活気を与えている。高瀬さんの教育係を務める西脇軟式野球連盟副審判部長の藤本博志さん(50)は「とにかく前向き。試合後には自分から教えを請いに来る」と姿勢を評価する。

 必要なルールを頭に入れるだけでなく、「どんな状況でも裁けるようになって一人前」と高瀬さん。ユーチューブに投稿された動画を参考にイメージトレーニングし、試合で実践している。

 野手が落球した時には「ドロップ・ザ・ボール」、走者がタッチをかいくぐった時は「ノータッグ」など審判が使う用語は基本的に英語。「より英語に親しみたい」という思いから、高校では国際総合学科を選択した。「プロの審判員に採用されなければ英語教師になり、次世代の審判員を輩出したい」と未来を描く。

■NPB審判員 約50人の狭き門

 日本プロ野球(NPB)に所属する審判員は50人ほどで、採用への道のりは険しい。毎年開催される「NPBアンパイア・スクール」に参加するのが最初のステップだ。

 1週間のスクールで資質を認められれば春季キャンプへの参加を許される。さらに適性があると判断されると、「育成審判」か「研修審判」として契約を結ぶ。育成審判は2軍の試合に出場し、研修審判は独立リーグなどで経験を積みながら育成への昇格を目指す。

 1軍の試合に出場するようになれば最低年俸が保証され、多くの野球ファンから認知される存在となる。ストライクを宣告する際の「卍ポーズ」で知られる敷田直人さんや、甲高い声でジャッジする白井一行さんはその代表格。高瀬さんの一推しは牧田匡平さんで「どんなプレーでも冷静に裁く姿がかっこいい」と目を輝かせる。

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(6月28日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 10%

  • 37℃
  • 24℃
  • 10%

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 35℃
  • 25℃
  • 10%

お知らせ