北播

  • 印刷
激流を背に空を舞う鮎のぼり。岩場で羽を休めるサギ(写真下)も興味津々?=加東市上滝野
拡大
激流を背に空を舞う鮎のぼり。岩場で羽を休めるサギ(写真下)も興味津々?=加東市上滝野

 こいのぼりならぬ「鮎(あゆ)のぼり」約300匹が、兵庫県加東市上滝野の景勝地、闘竜灘の上空を泳いでいる。列になって風に舞う姿は、アユが激流を悠々と遡上(そじょう)するかのよう。独特の奇岩が広がる光景と相まって観光客らを楽しませている。(岩崎昂志)

 同市特産品のこいのぼり「播州鯉(ごい)」や、闘竜灘がアユの釣り場として知られることから、同市観光協会が昨年に初めて企画。播州鯉を手掛ける柴崎物産(同市大畑)が作った鮎のぼりは、観光客らが交流サイト(SNS)に写真をアップするなど人気を呼び、今年は数を100匹増やした。

 神戸市から来た60代の夫婦は「岩場を落ちる水は迫力があるし、たくさんの鮎のぼりが目を引く。思わず近くで見たくなった」と散策を楽しんだ。

 鮎のぼりの掲揚は今月末まで。加東市観光協会TEL0795・48・0995

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(6月26日)

  • 29℃
  • 25℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 20%

  • 32℃
  • 25℃
  • 30%

  • 33℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ