北播

  • 印刷
日本酒の激流を華麗にサーフィン=加東市下滝野
拡大
日本酒の激流を華麗にサーフィン=加東市下滝野
名画から衣装を引っ張り出した?=加東市役所2階
拡大
名画から衣装を引っ張り出した?=加東市役所2階
扉の奥からゾウがお出まし=加東市東古瀬
拡大
扉の奥からゾウがお出まし=加東市東古瀬

 目の錯覚を利用して、現実にはあり得ない不思議な世界を味わえるアート作品が、兵庫県加東市内の街頭や公共施設で新たに公開された。扉の向こうから巨大な足で飛び出すゾウや、日本酒が変化した激流を滑るサーフィンなど6作品。いずれも作品の前でポーズを決めて撮影すると、絵の中に入り込んだような写真になり、道行く人の人気を集めている。(岩崎昂志)

 同市が昨年度から取り組む「まちなかトリックアート事業」。AR(拡張現実)技術を使っただまし絵や3Dアートを展示する「加東アート館」(同市下滝野)のPRを狙い、昨年度は3カ所に設置した。今年は4月の同館リニューアルに伴い、館内展示していた作品の図柄を再活用する形で、5カ所に設けた。

 酒蔵「神結酒造」(同)の外壁に描かれたのは、同社の日本酒「闘竜灘」「たましずく」の酒瓶からあふれ出す激流。サーフボードの絵に乗ると、さっそうと波乗りする場面が完成する。

 同市東古瀬の社児童館「やしろこどものいえ」の壁には、高さ2メートルを超すゾウや小鳥の作品を展示。子どもが興味深そうに眺め、同市の女児(4)は「(絵から)出てきそうでちょっと怖い。鳥はかわいいね」と母親の手を握った。

 他にも、首を伸ばして手紙を差し出すキリンや、穴から見つめる大きな深海魚らしき生き物を描いた作品などがある。昨年度設置分を含め、他の作品設置場所は次の通り。

    ◇    ◇

 加東市役所1階、2階(社)▽やしろショッピングパークBio2階(社)▽JR滝野駅(上滝野)▽播磨中央公園内「ふじいでんこうさいくるらんど」(下滝野)▽道の駅とうじょう(南山)▽南山活性化支援施設ミナクル(同)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(8月18日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 31℃
  • 24℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 24℃
  • 80%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ