北播

  • 印刷
犬と一緒に楽しめる貸別荘をオープンさせた藤原功司さん(右)と妻の美紀さん=小野市万勝寺町
拡大
犬と一緒に楽しめる貸別荘をオープンさせた藤原功司さん(右)と妻の美紀さん=小野市万勝寺町
広いドッグラン。ツリーハウスやベンチも備える=小野市万勝寺町
拡大
広いドッグラン。ツリーハウスやベンチも備える=小野市万勝寺町
別荘の内観。犬と一緒に過ごせる工夫がそこかしこに=小野市万勝寺町
拡大
別荘の内観。犬と一緒に過ごせる工夫がそこかしこに=小野市万勝寺町
犬に負担が掛からないように低くしたベッド=小野市万勝寺町
拡大
犬に負担が掛からないように低くしたベッド=小野市万勝寺町
さまざまな高さに対応できる犬用の食器=小野市万勝寺町
拡大
さまざまな高さに対応できる犬用の食器=小野市万勝寺町

 犬と一緒に宿泊できる貸別荘「Abendrot(アーベントロート)」(兵庫県小野市万勝寺町)が、愛犬家の注目を集めている。約2100平方メートルの広大なドッグランに加え、犬と一緒に別荘で生活できるよう、各所に工夫を凝らした。自身も2頭の犬を飼っているオーナーの藤原功司さん=同市=と妻の美紀さんのアイデアと気遣いが光る。功司さんは「飼い主と犬が気兼ねなく楽しめる別荘にしたかった」と満足げに語る。(杉山雅崇)

 藤原さん夫婦は大の犬好きで、ロットワイラーと呼ばれる犬種のララ(雌、5歳)とピットブルのルル(雌、4歳)と一緒に暮らし、2頭を連れてよく旅行にも出掛ける。

 だが、各地の貸別荘を訪れる中、不便に感じることもあった。「ドッグラン完備」とうたう施設でもフェンスが低く、大型犬を十分に遊ばせてやれなかったり、別荘内の階段が急過ぎて犬が上り下りできなかったりした。

 功司さんは「どんな犬でも楽しめる貸別荘をつくりたい」と思い、2年前に自ら開業を決意。試行錯誤の末に同町内の空き地を取得し、別荘とドッグランを建設した。

 昨年末にオープンした別荘は、ドッグランがテニスコート10面分の広さで人工芝を敷き詰めた。手作りのベンチやツリーハウスもあり、家族一緒に楽しめる。

 別荘内はバリアフリー設計にこだわって段差をなくし、人も犬も動きやすい。床はタイル張りを採用し、犬の足に負担が掛からないようにした。また、犬と一緒に寝られるベッドは高さを低くし、けがのリスクを低減している。

 交流サイト(SNS)を中心にしたPRで知名度は急上昇し、東京、大阪、京都などから犬を愛する家族やカップルが利用する。犬1頭ごとの料金を徴収することが多い貸別荘だが、アーベントロートは無料。功司さんは「多頭飼いでもストレスを感じることなく過ごしてほしい」との思いをこめる。

 功司さんは「今後も犬と一緒に乗れるブランコやミストシャワーなど、設備を充実させていく。より多くの人に来てもらいたいな」と構想を膨らませている。

 チェックインは午後1時から。1日1組限定。貸し切り料金は1万6500~3万3千円(季節、曜日で変動)。宿泊料金は1人1泊1万1千円(小学生未満無料)。予約はホームページから。宿泊予定日の90日前から受け付けている。アーベントロートTEL080・9328・6820

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(8月16日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ