北播

  • 印刷
卵や鶏肉、特産品を購入できる「トリマルシェ」=多可町加美区的場
拡大
卵や鶏肉、特産品を購入できる「トリマルシェ」=多可町加美区的場
見た目も楽しい3種類のTKG=多可町加美区的場
拡大
見た目も楽しい3種類のTKG=多可町加美区的場
テラス席など30席を備える=多可町加美区的場
拡大
テラス席など30席を備える=多可町加美区的場

 兵庫県多可町で生産されるブランド鶏「播州百日どり」と有精卵「播州地卵」を中心に据えた産地レストラン「トリマルシェ TAKACHO」が25日、同町加美区的場でオープンする。3種のTKG(卵かけご飯)やバーベキュー、スイーツなど、鶏肉や卵の魅力を存分に引き出したメニューを用意。両ブランドの「聖地」を目指し、一歩を踏み出す。(伊田雄馬)

 播州百日どりは通常のブロイラーの2倍近い肥育期間を経て出荷され、同町で4軒の農家が生産している。そのうち、最大規模の年間約2万羽を出荷する石塚竜司さん(45)が経営する農業生産法人「加美鳥(かみちょう)」が同店を立ち上げた。

 数年前まで農産物直売所として使われていた施設をリニューアルし、テラス席を含めて約30席を設置。大阪や神戸で播州百日どりの焼き鳥店を経営し、石塚さんと親交が深い「野乃鳥」(大阪府池田市)のプロデュースを受け、カフェのような内外装やメニューを考案したという。

 播州地卵は地面で飼育する「平飼い」のニワトリが産む卵で、看板商品はセットメニューの「うみたて播州地卵たまごかけご飯」(1200円)。ハンバーグかチキン南蛮をメインに唐揚げとスープが付く。

 特徴は3種の中から2種が選べるTKG(卵かけごはん)。ご飯に卵を落としたシンプルな一杯に加え、卵白をメレンゲのように泡立たせた「ふわふわエアリーTKG」、2個分の卵黄でまったり濃厚な味わいを楽しめる「ダブル卵黄濃厚」。石塚さん自ら育てた米を地域の名水で炊き上げ、近くの足立醸造で醸されたしょうゆで味付けする「オール地元産」だ。

 店内では野菜や鶏肉、卵を販売。持ち帰り用だが、七輪やトングを有料(500円)でレンタルし、席で焼いて食べることもできる。森に囲まれた店は開放感たっぷりで石塚さんは「ここで食べて、おいしくないわけがない」と自信たっぷり。食後のコーヒーやスイーツも充実している。

 火曜休み。午前10時~午後4時。加美鳥TEL0795・20・8526

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(8月18日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 31℃
  • 24℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 24℃
  • 80%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ