北播

  • 印刷
障害者の書や絵画を販売している会場=西脇市西脇
拡大
障害者の書や絵画を販売している会場=西脇市西脇
障害者が手織りしたさおり織り=西脇市西脇
拡大
障害者が手織りしたさおり織り=西脇市西脇

 障害者や地元アート作家の作品をチャリティー販売する催し(神戸新聞社後援)が、兵庫県西脇市西脇の旧来住家住宅で開かれている。売り上げの一部は毎年春の「北はりま障がい者美術公募展」の賞金に充てられ、企画した画家・美術家の小松原ケンスケさん(67)は「作品が売れることは、障害者の生きがいにつながる」と意義を語る。12日まで。

 「北はりま障がい者美術公募展」は2021年に始まり、「絵画・デザイン」「工芸」などの分野で、北播磨地域から募った作品を展示している。各分野の優秀作には賞が授与されるが、賞金は関係者からの寄付で賄われていたという。

 チャリティーは初の試みで、会場には障害者14人による絵画や書、織物など約200点が並ぶ。隣接する蔵では、小松原さんをはじめとする協力作家の作品が販売されている。

 値段は数百円~1万円以上と幅広く、障害者の作品は販売額の2割、作家による作品は5割を公募展にカンパするという。緻密な絵画や色鮮やかなさをり織りなどが会場を飾り、すでに「売約済み」と札が貼られた作品も多数あった。

 小松原さんは「作品を購入してもらうのは、公募展での入賞よりも一歩進んだ社会参加」と説明。売れずに終わる出品者が出ないよう、会場で気をもんでいる。

 午前10時~午後6時(最終日は正午まで)。月曜休館。

(伊田雄馬)

北播
北播の最新
もっと見る
 

天気(8月13日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ