総合 総合 sougou

  • 印刷
当選確実の知らせを受け、気勢を上げる斎藤元彦氏=18日午後8時08分、神戸市中央区布引町3(撮影・小林良多)
拡大
当選確実の知らせを受け、気勢を上げる斎藤元彦氏=18日午後8時08分、神戸市中央区布引町3(撮影・小林良多)
事務所で喜びの言葉を述べた後、入りきれなかった支援者から祝福される斎藤元彦氏(左)=18日午後8時29分、神戸市中央区布引町3(撮影・吉田敦史)
拡大
事務所で喜びの言葉を述べた後、入りきれなかった支援者から祝福される斎藤元彦氏(左)=18日午後8時29分、神戸市中央区布引町3(撮影・吉田敦史)

 兵庫県知事選で初当選を果たした元大阪府財政課長の斎藤元彦氏(43)。18日夜、神戸市中央区の事務所で会見し「来年度の予算編成に向け、時代や社会に合わない事業をゼロベースで見直したい」と抱負を述べた。一問一答は次の通り。

 -当選の受け止めを。

 「県民からの大きな支援に感謝したい。県政を継承するのではなく、若い世代で刷新し、新しい兵庫県をつくりたい。誰も諦めさせない、誰も取り残さない、大きな県政を実現したい。そんな思いに、県民からの理解、支持をいただいた」

 -保守分裂の影響は。

 「自民党には影響があるかもしれないが、私自身は県政見直しの訴えが県民に伝わったと思っている」

 -維新と自民の推薦を得た選挙戦を振り返って。

 「大型選挙で自民と維新の連携は初めて。自民の組織展開と、維新の空中戦。それぞれが持ち味を発揮したのではないか。感謝している」

 -知事として、まず取り組むことは。

 「これまで20年間、井戸敏三知事がどういった形で県政をやってきたのか。50年以上にわたる禅譲型の県政がどうだったのか。しっかり見て、守ることは守り、変えることは変えたい」

 -具体的な事業の見直しは。

 「兵庫県の海外事務所は5カ所あり、本当にいるのか。丁寧に見ていきたい」

 -新型コロナウイルス感染拡大への対策は。

 「年内のワクチン接種について、国に対し供給のスピードアップを求め、市町と連携してやっていきたい。第5波の兆候が見えている。知事就任初日に対策本部会議を開き、スピード感を持ってやる。県民への情報発信とコミュニケーションもしっかり取りたい」

 -大阪府との連携についての考えを。

 「産業振興や観光振興において、兵庫だけでやっている時代ではない。特に大阪との連携は、関西でも人口が多い府県同士なので、しっかりやる。対立ではなく、仲良くやっていきたい。それは大阪の手下になるということではない。兵庫県から関西を盛り上げたい」

(まとめ・古根川淳也)【特集ページリンク】兵庫県知事選2021

新県政始動
総合の最新
もっと見る
 

天気(9月17日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 70%

  • 28℃
  • 23℃
  • 70%

  • 28℃
  • 23℃
  • 60%

  • 26℃
  • 23℃
  • 60%

お知らせ