総合 総合 sougou

  • 印刷
姫路市立小学校の体罰問題で教諭の処分を発表し、頭を下げる県教委の職員=21日午後、兵庫県庁
拡大
姫路市立小学校の体罰問題で教諭の処分を発表し、頭を下げる県教委の職員=21日午後、兵庫県庁
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
特別支援学級がある校舎。暴言や体罰は複数年にわたって繰り返されていたという=21日午前、姫路市内
拡大
特別支援学級がある校舎。暴言や体罰は複数年にわたって繰り返されていたという=21日午前、姫路市内

 兵庫県姫路市立城陽小の特別支援学級での体罰・暴言問題は、男性教諭による児童への言動を同僚の女性職員が3年前から記録し、再三にわたり管理職に伝えたが、校長らは過小に捉えて適切に対応せず、事実上放置してきた。

 県教委によると、女性職員の記録などで確認した暴言や体罰は2018年度16件、19年度1件、20年度8件、21年度8件、年度不明1件-で計34件。ほかに、記録していない暴言も多数あるとみられる。

 女性は18年度から上司に報告してきたが、当時の校長(定年退職)は口頭注意にとどめ、市教委に報告しなかった。今年4月にも2回伝えたが、現校長は「行き過ぎた指導だが報告するほどではない」と判断し、男性教諭を担当から外すなどの対応をとらなかったという。

 県教委は「こうした事案を1件でも把握すれば、担任から外すべきだった」と指摘。校長について「管理職として不適切だ」とし、処分対象に加えた。

姫路特別支援学級の体罰
総合の最新
もっと見る
 

天気(10月28日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 10%

  • 21℃
  • 9℃
  • 20%

  • 23℃
  • 12℃
  • 10%

  • 23℃
  • 11℃
  • 10%

お知らせ