特別支援学級の体罰
姫路市立城陽小学校の特別支援学級で起きた暴言・体罰問題で、再発防止策を考える検討会議の第3回会合が8日、市立総合教育センター(同市北条口3)であった。特別支援学級の孤立化防止に向け、担当教員が外部機関に相談できる機会の充実や、通常学級との連携強化などを求める声が上がった。

 姫路市立城陽小学校の特別支援学級で起きた暴言・体罰問題で、再発防止策を考える検討会議の第3回会合が8日、市立総合教育センター(同市北条口3)であった。特別支援学級の孤立化防止に向け、担当教員が外部機関に相談できる機会の充実や、通常学級との連携強化などを求める声が上がった。

姫路教育特別支援学級の体罰
兵庫県姫路市教育委員会は2022年度、小中学校で特別支援学級を担任する教員への研修を充実させる。市内では昨年、城陽小の支援学級で元教諭の男性(39)=懲戒免職=による暴言・体罰問題が発覚。市教委は再発を防ぐため、支援学級を初めて担当する教員向けの研修動画を作り、指導の悩みなどを共有できる機会も設ける。

 兵庫県姫路市教育委員会は2022年度、小中学校で特別支援学級を担任する教員への研修を充実させる。市内では昨年、城陽小の支援学級で元教諭の男性(39)=懲戒免職=による暴言・体罰問題が発覚。市教委は再発を防ぐため、支援学級を初めて担当する教員向けの研修動画を作り、指導の悩みなどを共有できる機会も設ける。

姫路特別支援学級の体罰
兵庫県の姫路市立城陽小学校の特別支援学級での暴言・体罰問題で、原因や背景を調べていた検証委員会が24日、調査結果を意見書にまとめて西田耕太郎教育長に提出した。元教諭の男性(39)=懲戒免職=の資質に疑問を呈する一方、約3年間にわたって問題が放置されたのは、管理職の認識の甘さや事なかれ主義が「最も重要で重大」と指摘した。意見書の要旨は次の通り。

 兵庫県の姫路市立城陽小学校の特別支援学級での暴言・体罰問題で、原因や背景を調べていた検証委員会が24日、調査結果を意見書にまとめて西田耕太郎教育長に提出した。元教諭の男性(39)=懲戒免職=の資質に疑問を呈する一方、約3年間にわたって問題が放置されたのは、管理職の認識の甘さや事なかれ主義が「最も重要で重大」と指摘した。意見書の要旨は次の通り。

姫路特別支援学級の体罰
特別支援学級の体罰の最新
もっと見る
 

天気(5月18日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ