総合 総合 sougou

  • 印刷
桂三ノ助さん
拡大
桂三ノ助さん

■「文化施設への誘導策を」 

 上方落語の定席「神戸新開地・喜楽館」(神戸市兵庫区)は、開館して満3年が過ぎました。1年目の観客数は定員の約6割でしたが、コロナ禍で昨年3月から約4カ月、今年も4月下旬から約1カ月半、休演しました。昨年7月の再開からは客席を約半数に抑えているのですが、それすら満席にならない日があります。

 財政難を乗り切るため寄付制度を作り、10月から高齢者施設を対象に配信サービス「元気寄席」を始めました。中高年のファンが多い落語ならではの笑いの力で、お年寄りを元気づけたい-との思いからです。

 行政に求めたいことは、飲食店の認証制度のように、「感染対策を徹底している演芸場は安全安心な場所」と確認し、伝えてくれること。「Go To 演芸・文化」という感じで、喜楽館など文化施設への誘導策も進めてほしいです。

 ワクチン接種が進んだのに客足が回復しないのは、「演芸場は安心」との信頼感がまだ不十分だからだと思います。コロナ禍で笑いの重要性が再認識されました。少しでも早く満席に戻し、お客さんに心の底から笑ってもらいたいです。(金井恒幸)

【バックナンバー】
NGO外国人救援ネット相談員・草加道常さん
近畿タクシー社長・森崎清登さん(68)

選挙衆院選兵庫特集明日を選ぶ
総合の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ