総合 総合 sougou

  • 印刷
動画を編集する(左から)グループメンバーの藤原祐弥さん、石田瞳さん、長谷川侑翔(ゆうと)さん=神戸市長田区若松町5(撮影・大森 武)
拡大
動画を編集する(左から)グループメンバーの藤原祐弥さん、石田瞳さん、長谷川侑翔(ゆうと)さん=神戸市長田区若松町5(撮影・大森 武)

 阪神・淡路大震災後に生まれた若者でつくるグループ「1・17希望の架け橋」が、被災者や遺族らの肉声を集めた証言映像を制作し、インターネット上で公開を始める。間もなく発生から27年を迎える震災は記憶の風化が懸念されるが、メンバーは「震災を知らない世代も命の尊さを伝えられる」と声をそろえる。グループはその名の通り、震災の教訓を次世代につなぐ「架け橋」を担う。(藤井伸哉)

 グループは2020年10月結成。神戸市内などの中高生や大学生、会社員ら15~24歳の35人が、遺族らから被災状況を聞き取って語り継ぐ活動や、追悼行事のボランティアに取り組む。

 動画制作のきっかけは、遺族らの生々しい証言だった。昨年の追悼行事で話を聞いた40代男性は、あの日の揺れで友人を失った。「前日も元気だったのに、突然、一生会えなくなった」と涙を流した。

 震災経験がないメンバーにとって、どこか歴史の出来事のような感覚がある。「だからこそ、語り継ぐことが大切」と決意。被災者の言葉や雰囲気が伝わるように、文章ではなく映像に収めることにした。

 動画は約15分。昨年12月にあった神戸ルミナリエの代替行事を中心に、10~70代の11人から証言を集めた。70代の男性は当時、東京の下宿先に戻ろうとした息子を引き留めた。体調が悪い息子への配慮だったが、その翌日、自宅で被災した。「息子の顔は今でも鮮明。死に追い込んでしまった」と後悔が尽きない。

 神戸・長田の住宅を襲った猛火や追悼行事の様子も収録。犠牲者を悼むガス灯「1・17希望の灯(あか)り」に刻まれた「この灯りは 奪われた すべてのいのちと 生き残った わたしたちの思いを むすびつなぐ」の文言はナレーションにした。大学1年の石田瞳さん(19)が何十回も編集し直したという。

 会社員でグループ代表の藤原祐弥さん(19)は「つらい思いをした遺族に声を掛けるのは勇気がいるが、伝えたい思いが勝った。若い世代を中心に多くの人に見てほしい」と話した。

 動画はグループの写真共有アプリ「インスタグラム」などで17日をめどに公開される。

【特集ページ】阪神・淡路大震災

震災27年神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(1月21日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 6℃
  • 2℃
  • 20%

  • 4℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ