震災27年
阪神・淡路大震災の犠牲者をしのび、兵庫県宝塚市小林の「ゆずり葉緑地」にある慰霊碑で17日、遺族ら146人が花を添えたり、祈りをささげたりした。(西尾和高)

 阪神・淡路大震災の犠牲者をしのび、兵庫県宝塚市小林の「ゆずり葉緑地」にある慰霊碑で17日、遺族ら146人が花を添えたり、祈りをささげたりした。(西尾和高)

阪神震災27年
阪神・淡路大震災の教訓を伝えようと、兵庫県警三木署が救助活動などに出動した署員30人から体験談を集め、冊子にまとめた。震災から27年が経過し、経験した警察官も減少。同署は「今の若手が現役の最中に南海トラフ地震が来るかもしれない。被災した現場から警察官は逃げられない。その時の心構えを残したい」としている。(長沢伸一)

 阪神・淡路大震災の教訓を伝えようと、兵庫県警三木署が救助活動などに出動した署員30人から体験談を集め、冊子にまとめた。震災から27年が経過し、経験した警察官も減少。同署は「今の若手が現役の最中に南海トラフ地震が来るかもしれない。被災した現場から警察官は逃げられない。その時の心構えを残したい」としている。(長沢伸一)

三木震災27年防災
阪神・淡路大震災から27年、子どもの心のケアに尽力してきた兵庫県立大大学院減災復興政策研究科の冨永良喜教授(69)=災害臨床心理学=のインタビューを17日本紙くらし面で掲載した。その続編として、冨永教授が推奨する「リラックス法」や、被災地で活用した「こころとからだのチェックリスト」などを紹介する。(中島摩子)

 阪神・淡路大震災から27年、子どもの心のケアに尽力してきた兵庫県立大大学院減災復興政策研究科の冨永良喜教授(69)=災害臨床心理学=のインタビューを17日本紙くらし面で掲載した。その続編として、冨永教授が推奨する「リラックス法」や、被災地で活用した「こころとからだのチェックリスト」などを紹介する。(中島摩子)

震災27年
震災27年の最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 1℃
  • 50%

  • 10℃
  • 4℃
  • 40%

  • 8℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ