総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 阪神・淡路大震災の災害復興住宅で、2021年に誰にもみとられずに「独居死」した人が62人いたことが13日、分かった。兵庫県警の検視結果を参考に神戸新聞社がまとめた。20年より9人少なかった。

 県内16市にある233棟の災害復興住宅の独居死亡者を集計。同住宅は高齢化が進む一方で、住民の入れ替わりもあり、被災者が何人いるかは分からない。

 62人の内訳は男性38人、女性24人。年代別では90代=6人、80代=24人、70代=24人などで、60代以上が9割を占めた。最年長は96歳の女性、最年少は39歳の男性で、平均年齢は77・7歳だった。

 死因は心疾患など病死が46人と半数以上を占めた。死後24時間以内に発見された人は27人で、2~10日かかった人も26人いた。西宮市の79歳の男性は死後約28日後に見つかったという。(前川茂之)

【特集ページ】阪神・淡路大震災

震災27年
総合の最新
もっと見る
 

天気(1月23日)

  • 6℃
  • 3℃
  • 60%

  • 7℃
  • -3℃
  • 30%

  • 6℃
  • 3℃
  • 60%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

お知らせ